スソワキガって手術できるの?手術の種類と方法とは

ワキガ・すそわきが体質の人の多くはニオイに悩まされています。

 

すそわきがの手術 

 

ニオイの強さにも個人差があり、軽度〜中度、それ以上なってくるとやはり、手術を考えることも多いです。

すそわきがの手術はできるの?

すそわきがの手術

脇から独特のニオイがする腋臭症(えきしゅうしょう)、通称ワキガは、剪除法(せんじょほう)手術など、他にも色々な方法がありますが、陰部のすそわきがには対応されていませんでした。

 

それが最近では技術の向上により、すそわきがも手術「切開手術」が可能となりました。その手術の方法と効果、そして手術のデメリットについて詳しくお伝えします。

 

 

皮下組織削除法

皮下組織削除法とは、まず皮膚を切開して、ニオイの原因であるアポクリン汗腺を切除する方法です。

 

皮膚を数cm切開した後、専用のローラーを皮膚表面に転がして、皮膚の裏側にある、粒状に並んでいるアポクリン汗腺をカミソリのような器具で切除していきます。

 

医師が目で見て確認しながら取り除いていきます。手術後は、1週間ほど患部を固定します。手術の中では比較的傷口は小さめです。

 

超音波吸引(治療)法

スソワキガのの手術

超音波吸引法とは、超音波メスで行う手術方法です。

 

陰部の陰毛が生えている一番上のお腹に近い左右に、5mmほど切り込みを入れ、そこから超音波メスを挿入して動かしていきます。

 

超音波によって発生した熱で、ニオイの原因であるアポクリン汗腺を破壊し、吸引します。皮下組織削除法よりも比較的安価に出来ます。

 

手術のデメリット

ニオイの原因であるアポクリン汗腺を切開手術で取り除いていく事は、高い治療効果が期待できるとも言われていますが、同時にデメリットやダメージもあります。

 

なかでも一番のデメリットは、皮膚を切開して傷つけることにより、ダメージが起こるケースもあります。

すそわきがの手術

 

切開した所の傷口は、一時的に陰毛が抜けるだけで済む場合もありますが、時にはダメージを受けてしまい、陰毛が抜けたまま、禿げてしまうこともあるといわれます。

 

さらに、手術後はしばらく日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

それは、「タイオーバー」を数日間施さなければならないからです。「タイオーバー」とは、手術後の皮膚にガーゼなどを縫い込み、持続的にそこの部位を圧迫をする事です。
そのタイオーバーを外せばシャワーは可能になりますが、抜糸が終わるまでの数週間ほどは入浴ができません。

 

術後の状態については個人差もありますが、腫れたり、皮膚が硬くつっぱった感じがするなど、術後は様々な症状が落ち着くまで、数か月はかかるというデメリットもあります。

 

アポクリン汗腺は取りきれないこともある

すそわきがの切開手術である、「皮下組織削除法」は、どちらかというとワキガ手術に用いられることが多く、すそわきがにはあまり適用されていません。

すそわきが対策

 

何故かというと、ワキの場合は比較的ニオイの根本であるアポクリン汗腺が確認しやすいのですが、すそわきがの場合は、アポクリン汗腺が確認しにくく、切開するときに傷がつきやすいというデメリットがあるためです。

 

「超音波吸引法」の場合は、アポクリン汗腺自体をすべて取りきれないことがあると言われています。

 

 

手術をするには軽い気持ちでと言うわけにはいきません。日常生活の事、手術にかかる費用の事、いくつかあるデメリットの事。

すそわきがのニオイ対策

 

すそわきがは特にデリケートな部位である為にかなりの勇気が必要です。その勇気をふりしぼって受けた手術でも、アポクリン汗腺がとりきれなかったり、皮膚にダメージを受けてしまったりすることもあります。

 

そのような理由から医院の中の多くは、すそわきがの切開手術をすすめなかったり、行わない所もあるようです。

 

最近では研究もすすみ、皮膚を傷つけなくても出来る治療法や、かなりニオイの改善が期待できるデオドラント製品も多いです。

 

まずは手軽に出来ることから、色々試してみても良いかもしれません。

関連ページ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10