MENU

【すそわきが、どこから臭うの?】
すそわきがは陰部から臭っていると言うのは知っている人も多いと思いますが、実際には陰部のどこから臭っているのでしょう?

 

すそわきがというのはアポクリン汗腺からの分泌物が皮膚に付着している菌と分解されることで臭いになります。
なので、臭いが出ている部位は、おおまかに言うと「汗の腺があるところ」と言うことになります。
臭いの出ている部位が腟内であれば違う治し方もあるのかもしれませんが、すそわきがの場合は完全な治しかたというものがありません。
しかしいくつかの対処法はありますので、自分に合った対処法を1つずつ試しながら見つけることで、臭いの軽減が出来ます。

 

では、これからもう少し詳しく「すそわきががどこから臭っているのか」についてお話していきます。

 

 

『すそわきがの臭いはどこから?』
先程、におう部位はおおまかに「汗の腺があるところ」と言いましたが、そのアポクリン汗腺がある所と言うのは、陰部周辺の陰毛がはえている所全部です。
という事は、大陰唇(だいいんしん)からから恥丘までの、陰毛があるところ全部が臭っていることになります。
人によっては、すそわきががひどくなると恥丘の部分も臭う人もいます。
そして、毛が生えている部位は大体、陰部の割れ目からお尻にかけて左右両側です。
もし、陰部の脱毛を行うようならばVラインだけでなくIラインも必要になります。

 

『アポクリン汗腺の数は臭いと関係するの?』
ヒトには二種類の汗の腺があります。その二種類の汗の腺とは「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」といいます。
「エクリン汗腺」は臭いもほぼなく、成分も水分に近いです。そして臭いの原因となっているのがこの「アポクリン汗腺」。
このアポクリン汗腺はフェロモンを出す汗腺とも言われており、この、アポクリン汗腺の数が多い人ほどすそわきがのニオイが強くなります。

 

すそわきがのニオイが強い人になると普段、スカートを履いている時などもニオイがしてしまったりします。
そんなふうに言うと「ニオイがしてしまうのが怖いからスカートは履かないでおこう」という選択をしてしまいますよね。
それでピッタリしたズボンを履いたとしても蒸れの原因になってしまいます。
「じゃあ何を履けばいいの!?」となってしまいますね。ニオイ対策としての服装のオススメはピッタリするズボンは蒸れの原因となるので、オススメ出来ません。どちらかと言えば通気性の良いスカートをオススメします。
今はニオイ対策できる物がたくさんあり、品物によっては臭いの軽減がかなり期待できます。
ニオイ軽減の対策をしっかりしてから、スカートを履けば安心して色んなお洒落が楽しめるはずです。

 

 

『すそわきが対策、何をすればいい?』
・通気性の良い下着、服装を身に付ける
・汗をかいたら早めにタオルやウェットティッシュで拭き取る
・生理中はビデを使用し、洗浄する
・生理中のナプキン、オリモノシートをこまめに取り替える
・臭いを抑えるすそわきが専用の石鹸やボディソープを使う
・すそわきが専用のクリームを使う

 

 

ニオイの対策は1つだけではありません。
いくら良いクリームを使用してもそれで安心して不潔にしていると雑菌が増え、全く意味がなくなってしまいます。
おりものだけでも放置しておくと雑菌が増えて臭いの原因になるので、「清潔」を第一に心がけましょう。
その上で自分に合う、すそわきが専用のクリームなどを使用すると、かなりの効果が期待できるので、自分なりの方法を見つけていきましょう。

関連ページ

スソワキガって手術できるの?手術の種類と方法とは
自分がすそわきがだと自覚すると手術を考えるようになると思います。しかし、脇の下よりも陰部は複雑なため、わきがの手術以上にリスクがあります。手術を考えるようなったら、どんなリスクがあるのか、メリットデメリットについて知っておく必要があります。
1
2
4
5
6
7
8
9
10