スソワキガ!?気になるデリケートゾーンのにおいケア

女性のデリケートゾーンに関するトラブルは何かと多いものです。

 

デリケートゾーンの悩み 

 

アソコ(陰部)の気になるニオイやかゆみ、生理時の蒸れやかぶれ、生理痛など、誰でも1度くらいはデリケートゾーンについて何らかで悩んだことはあるのではないでしょうか?

 

その中でも多いのがデリケートゾーンのニオイに関する悩みです。

デリケートゾーンのニオイの原因

 

特に生理の時の経血は生臭いような独特なニオイがあります。生理時のニオイは誰にでもあるもので、ある程度は仕方ないものですが、デリケートな事で人に相談できずにいると、つい考え過ぎてしまい「もしかして人よりニオイが強い?」「こんなニオイがするのは自分だけ?」などと考え込んでしまいがちです。

 

また、個人差はあるとはいえ生理少し前くらいからオリモノの量も増え、蒸れやニオイも出てきます。こうしたことから女性はデリケートゾーンについて悩みがちです。1人で考え込むのは良くありません。
デリケートゾーンのニオイの原因を知ることで改善に繋げていきましょう。

 

デリケートゾーンのニオイの原因

デリケートゾーンのニオイ……誰でも嫌なものですね。ニオイの原因!それは雑菌の老廃物です!あそこのニオイの原因

 

詳しく説明しますと、デリケートゾーンにいる雑菌が栄養を摂ることで、どんどん繁殖していき、その繁殖した雑菌が排出した老廃物です!これがにおいの原因となります。
そしてニオイの原因と言っても、雑菌の栄養となる物質の種類と、それによって増える雑菌の種類によってニオイの種類も様々あります。

 

雑菌の栄養ってなに?

雑菌の栄養になってしまうものは、ショーツに付着したオリモノや、尿、汗、垢、生理の時の経血などがあげられます。

 

雑菌の栄養を減らせば増殖も自然と防ぐことが出来ると言えます。しかし、尿や垢は気を付けて軽減することが出来そうですが、おりものや汗、生理中の経血などは気を付けて軽減出きるものではありません。

デリケートゾーンのニオイ対策

 

その中でもオリモノはタンパク質が豊富に含まれているために、雑菌の良い栄養となってしまいます。

 

次に汗についてですが、デリケートゾーンにはアポクリン汗腺という、汗の出てくる腺が多く分布されています。そのアポクリン汗腺からは、脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗がたくさん分泌されてきます。

 

そして雑菌は高温多湿の場所が大好物!つまり雑菌にとって、高温多湿の場所で、さらに栄養もあるデリケートゾーンは雑菌の繁殖には格好の場所といえます。
こうしたことから見て、ポイントはいかに雑菌に栄養を与えないかということがニオイの対策になっていきます。

 

デリケートゾーンのニオイの対策!

ニオイの対策!それはデリケートゾーンを清潔に保つことです!
女性のデリケートゾーンは入り組んでおり、垢や汚れがたまりがちです。少しシャワーをかけた位では中々スッキリ汚れを落とすことは難しいです。

陰部のニオイ対策

 

なので、ゆっくりお風呂に入り、デリケートゾーンをしっかり洗うことが大切です。でも、ゴシゴシ擦り洗いするわけではなく、たっぷりの泡と指の腹を使って優しく丁寧に洗いましょう。大陰唇・小陰唇などの溝は汚れが溜まりやすいので意識して、汚れを落とすように心がけてください。

 

最近では、デリケートゾーン専用の石鹸が販売されています。洗浄力が強く低刺激なので、そうした石鹸も試してみてもいいと思います。

 

もしかして病気のサイン?

ニオイやオリモノ変化によって婦人科系の病気に気付けるきっかけになることも多いです。

デリケートゾーンのニオイ改善

 

特にオリモノに関しては、急激に量が増えたり、色が黄色や緑色に変わったり、かなりニオイが強くなったなどの場合は、早めに産婦人科の先生に相談することをオススメします。

 

ニオイがかなりの悪臭の場合は、子宮頸がんや子宮内膜炎、淋病、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、などの疑いがあるので自己判断したりせず、お医者さんに相談してください。

 

他には、オリモノがポロポロとしたカッテージチーズの様な状態になった場合、「カンジダ腟炎」の可能性が高いです。カンジダ腟炎は婦人科系では比較的多くみられる疾患で、かゆみを伴うケースが多い感染症です。

 

通常カンジダ菌は、膣内に常在していますが、膣までよく洗ってしまったり、風邪などで抗生物質を服用したりすることで、膣内にいる善玉菌が除菌されてしまいます。そうすると膣内のカンジダ菌が異常増殖してしまうのです。

 

膣内には「自浄作用」があり、弱酸性で様々な菌が一定のバランスに保たれています。しかし石鹸などで必要以上に洗う行為によって、そのバランスが壊され、返ってトラブルを引き起こしてしまい、カンジダ腟炎になりやすいので注意してください。

 

 

オリモノやニオイが婦人科系の病気のサインとなっている場合もあることを認識しておくことは大切な事です。
しかし、少しくらいニオイが気になるからといって、すぐに病気を疑う必要はありません。過敏になりすぎずにデリケートゾーンを清潔に保つことで、ニオイの軽減をしていきましょう。

関連ページ

あそこからワキガのニオイがする!すそわきがとは?
あそこ(陰部)からわきがのようなにおいがすると思ったらスソワキガかもしれません。腋臭である場合、すそわきがの可能性は高くなります。ワキガ以上にデリケートな部分で、家族にも相談しにくいですよね。そんな悩みである臭いの原因と対策法を紹介します
すそわきがってどんなニオイ?自分でチェックするには
すそわきがかな?と思っても臭いの感じ方は人それぞれ。ワキガのニオイの表現がバラバラのようにすそわきがのニオイも様々です。女性の陰部は入り組んでいるため、ケア方法を間違えるとすそわきがでない人も臭くなってしまっているかもしれません。
すそわきがセルフチェック!わきがの人はスソワキガ?
わきがの場合、すそわきがの可能性は高くなります。逆に、ワキガでなければスソワキガの可能性はほとんどありません。もし「アソコからワキガのニオイがする…もしかしてすそわきが?」と思ったら、チェックしてみて、適切なケアをしていきましょう!
彼女がスソワキガ!?彼氏があなたのニオイに悩んでいる
彼女がすそわきがだった場合、なかなか言い出せないですよね。女性にとってもあそこのニオイが原因で恋人と上手くいかないとわかったらショックです。彼女を傷つけずにスソワキガを伝える方法と彼氏に迷惑をかけないようにするニオイ対策を紹介します。